車 維持費

普通車の税金

コンパクトカーや軽自動車が現在での車社会では主流になっていますし、営業車やデリバリー用の車もそういった車種を採用しているところも多いものです。しかし家族が居たり、子供が居たり、2ドアの車種も多いコンパクトカーや軽自動車では不便だといった人々は普通車を買い求めるのです。普通車と言ってもどの辺りから普通車なのかと言う基準ですが、一般的に見かけることの多いカローラやシビックなどがそれに当たります。税率としては2000cc以上の車が大体普通車として計算されますし、この排気量が1つの区切りとしても使われます。2000ccともなると、一般的に走っている車の中では排気量としてミドルクラスになって来ますが、カローラやシビックなどには1500ccモデルも存在していますので一概には言えませんが、このあたりで大体排気量税が40000円近くなってきます。それから重量税ですが大体1000キロから1300キロくらいの車が大半であり、安い部類には入るのですがそれでもコンパクトカーや軽自動車と比べるとお金がかかります。それでもこう言った車は荷物が軽自動車やコンパクトカーより多く積めますし、車内も広いので人気が無いわけではありません。

 

サイトマップ

FX