車 維持費

排気量や重さによる税金の違い

車と言うものは非常に多くの部品が集まって出来ている部品の集合体として売り出されていますが、エンジンを始めとして走るための装備があって、初めてその役割を果たすものといえるでしょう。そして部品が多くなれば当然重量も増えますし、それによって道路が傷みます。これらの理由から、排気量が大きなエンジンの車、重量が大きい車にとっては税金が多くかけられているので、今のこの時代ではコンパクトカーや軽自動車が好まれる時代になりました。その理由としてはやはり排気量が小さいことであったり、重量がそれほど無いのでその分税金も安いこと、またタイヤやオイルと言った消耗品にお金があまりかからないこと、燃費も良いことがその大きな理由です。税金もお金として計算されて成り立っていますので、そうした車が好まれる傾向にあるというのは一種の時代の流れをあらわしていると言っても良いでしょう。もちろんミニバンであったり、エンジンの大きな車でゆったり加速できる快感を求めたりと言う人も居ますので、そう言う車が人気が無いとは言い切れませんし、ユーザーの求める車の割合が、現在の車社会では軽自動車やコンパクトカーにシフトしている、と言う話になるのです。

 

サイトマップ

FX